TOP > コラム > サービス付き高齢者向け住宅、どんな入居者に入ってもらうか?

サービス付き高齢者向け住宅、どんな入居者に入ってもらうか?

これまでは、介護事業者とタイアップして行う、サービス付き高齢者向け住宅が多かったのですが、これだけ多くのサ高住ができたことで、施設はこぞって入居者の獲得に乗り出しています。もちろん入居者が入らないと仕事にならないのですが、誰でもかれでも入居させてしまうために、施設の特徴がなく価格での勝負になってしまっています。

そこで私たちは、入居斡旋仲介事業を行うことにより、施設のレベルの向上と施設の特徴をどんどんアピールできる仕組みを作ろうと思っています。元気な高齢者は元気な高齢者のための施設へ、終末期を迎える高齢者は、安心して終末期を迎えられる施設へ、といった住み分けが大事になってくると思います。

そうすることにより、施設自体も共存共栄できるのではないかと思っています。

だからこそ、今私たちは行っているNPO法人での活動が、今後の高齢者住宅のベースになればという思いで続けていこうと思っています。

まだまだ需要はありますが、箱を作っただけのサ高住ではもういけません。しっかりと計画を立てて、サービスを決め、お客様(入居者)を決めて事業を行う、そういった施設しか生き残っていかないでしょう。また、そういった施設を私たちのNPO法人でも運営していきたいと思っています。