TOP > コラム > 土地活用で実現させる、地域で支える福祉

土地活用で実現させる、地域で支える福祉

サービス付き高齢者向け住宅の仲介をする理由

当社では、おかげさまで19棟の高齢者住宅を契約させていただきました。色々な介護事業者さんとお話の中で多く言われる事が、高齢者の入居の斡旋でした。

そうしたニーズの中で、NPO法人『高齢者福祉住環境支援機構』の活動の一つでもある高齢者住宅の仲介事業を本格的に始動させる流れとなりました。
45期が始まった時点で、高齢者が暮らせる住宅を調査し、事業者と契約をさせて頂きました。登録させていただいた住宅は、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホーム、高専賃などいろいろあります。

今までの高齢者住宅の探し方は、ソーシャルさんやケアマネさんが知っている施設を紹介するというパターンが多かったのですが、今は紹介サイトが発達してきましたが、しかし紹介サイトは、ただ紹介するだけで、本当のお客さんのニーズを掴めるものではありませんでした。たとえば、入居者さんはサ高住と住宅型有料老人ホームの違いも分からないまま、この住宅がどんなサービスをしてくれるのかもあいまいなまま入居していたりするのです。