TOP > コラム > 最も重要なのはコンセプトを明確にする

最も重要なのはコンセプトを明確にする

サービス付き高齢者向け住宅のコンセプトを創るにあたって、どのように考えていけばいいのでしょうか?
開設のステップは5段階あります。

まずは立地です。
繁華街や山の中は避けていくべきです。次にサービスの選択と入居者層の選択です。どのような入居者をターゲットにするかです。

その次には料金設定
賃料はいくらなのか食費はどうするのか。同業者価格の調査や、金利・経済状況なども考慮しなければなりません。

その他のサービス費用はもらうのか?などです。
サービスの選択に具体的な金額をのせて、近隣の相場とあわせていきます。次にプランニング、ゾーニングです。導線計画で2~3人のスタッフを減らすことが可能になります。そういった計画をへて、スタッフの採用を行い、入居者の募集を行って行きます。

サービス付き高齢者向け住宅はどんな色にでも染まります。ですから運営する事業者は、コンセプトをしっかり持って、どのようなサービス付き高齢者向け住宅にしたいのかを明確にして、運営することが大事になってくると思います。

私たちも、いろいろなコンセプトのサービス付き高齢者向け住宅を開発させて頂き、地域のネットワーク化を図っています。入居者の選択、サービス付き高齢者向け住宅の定義の再構築をしていくことが必要です。まだまだサービス付き高齢者向け住宅は増えていきます。地主さん、家主さん、サービス付き高齢者向け住宅の建築いつやるか?

今でしょ!!